スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト133話が凄かったらしい…

5月4日に放送されたナルト133話がアニメ界で伝説になりそうです。
俗に言う、「神回」であったらしいのです。

「神回」とはアニメのクオリティが飛び抜けて良い回の事を言います。

まずはこちらの画像を見て下さい。
NARUTO.jpg

↑注)ナルトです

NARUTO2.jpg

顔が…

こうして、静止画で見てみると雑に見えますが、
とにかくキャラが動きまくりだったそうです。

登場人物がいつもより動く=作画枚数が多い→製作陣の皆様、ご苦労様です。

ナルトでは、30話、48話、71話、124話が神回とされていたのですが
今回のクオリティの高さはそれらを凌駕しているらしいのです。

その立役者となったのが「松本憲生」さんだということです。
るろ剣」の剣心VS志々雄の決着の時の話もこの人が担当だったそうです。
アレはすごかった…

質の低下が目立つアニメ界において、
こうした職人芸はなかなかお目にかかれないですからね。

あ~~、見たかったなぁ… (´・ω・`)
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。